07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

JAZZを楽しむトロンボーンおじさんの日記

トロンボーン吹きのおじさんです。 トロンボーンジャズの楽しみ方を模索してます。JAZZ関係、写真記事が主になりますが、気がついたら書いていきます。 訪問有り難うございます。

石橋JAZZ LIVE 出演 

毎年恒例の「イブニングライズ石橋」のJAZZ LIVE 出演です。

今回のゲストは ”もんたよしのり ” さん。

   1980年「もんた&ブラザーズ」として「ダンシング・オールナイト」
   をリリース。これが大ヒットとなり、この年、第22回日本レコード
   大賞金賞、第11回日本歌謡大賞放送音楽特別賞、第13回全日本有線
   放送大賞などを受賞、第31回NHK紅白歌合戦にも出場したと言う実績
   を持っています。

私とほとんど同じ年代であるし、当時TVの「ヒットスタジオ」等で
ブラウン管を賑わしていたが、私の中ではチャート1位の時があった
ほどであり、この日を待ちわびていた私でした。

決して60歳には見えない彼のバイタリティー溢れる歌唱力もあの
ハスキーな声も当時と全く変わってないし、むしろ若干太くなり
ツヤが出て益々聞き応えがあり、会場を一つの渦に巻き込むトーク、
演出力は素晴らしかった。


riha
リハーサル  「ここまで来たらキュー入れて下さい」


リハ終了後、みんなで2ショット、サインを貰いに
2shot


sain
   左のお方、あの頃はまだ生まれてなかったのに、
   何故か色紙を3枚も用意して

リハーサル中、我々メンバーが大変喜んだ事があります。

それは
リハーサルの1曲目の「オールオブミー」を終わった後、我々に振り
向いて突然
  「こんなスィングしているバンドで歌うのめっちゃ楽しいやん。」
と言ってくれた。
後から
  「嬉しいこと言ってくれるねー!」 
と聞こえてきた。 勿論私も。

   で、拍手ーー!

これだけではない、この種の発言がリハ中4回はあったのである。
本番でも1回でかい声で
  「めっちゃ・・・・・」
と、関西弁で。

こう言う言葉が聞こえれば皆テンション上がるのは当然のことである。
いつもの音ではない、ppもffもガンガン鳴り響きます。

最後の「ダンシングオールナイト」で場内は最高潮に達した。
助っ人の横倉さんのGt冴えてました。

その他もんたさんの歌った曲は
  「ALL OF ME」
  「YOU’D BE SO NICE TO COME HOME TO」
  「WHAT A WONDERFUL WORLD」
  「見上げてごらん夜の星を」
  「アンチェインマイハート」
  「YOU ARE MY SUN SHAIN」
で、力強く又、情熱たっぷりに歌っていました。

彼のハスキーボイスの大好きな私は後で吹く楽器に力が入りましたが、
本人のこの歌でのバックを努めたことで、又々感激で自分の演奏の
反省などどこかへ吹っ飛んでしまった何とも言えない気持ちで会場
を後にしました。

……‥‥‥・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・‥‥‥……

この足でジュニアジャズのライブが行われている県の博物館へ車を進めた。
8時20分を回ったか最後の「インザムード」とアンコールの「バードランド」の2曲を聴くことが出来た。

会場内はお客で満杯、2階側もずらっと並びすごい盛り上がりである。
演奏も
  「こんなスィングしているジュニアバンドはないぞな」
と思いながらビデオを回していましたが、バンドの皆を力演を撮れば
いいものをお客の盛り上がっている顔顔を撮りたくなりカメラをパンして。

おっ! MCはてっか君だ、ハキハキと大きな声で聞いてて気持ちイイ!

皆決まりました、eriちゃんkanaちゃんのアドリブも決まりました、更に
ogi君のGtアドリブも今までになく音が出ていて、又音選びも良かった。
後から黄色い声が「キャーッ!」と、ファンクラブが出来そうな雰囲気。
ogi君からバトンタッチしてのayaちゃんのSaxアドリブソロ、エンディング
腕振り格好イイーー!

お父さんから
  「2ステージになるとどんどんお客が増えて」
と、状況を話してくれました。

みんなお疲れさまでした。

  ドキッ! っとしたことが一つ。 
  
  会場で片付けも終わり子供達が話をしている中で
    「明日、実力試験がある学校の人は?」
  と、聞いている言葉を耳にした。 
    ※普通ならば今頃追い込みの勉強中
  
 「その人は誰ですか? 明日は頑張って下さいよ!」

……‥‥‥・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・‥‥‥……

このあと自分達の反省を込めてちょこっと市内へ。
  
  「あそこがあーだった、こーだった。」
  「あそこんとこ入れなくて悪りー悪りー!」
  「バンドの方向性はは・・・・・」  

などの ♪ 談義。    

      美味しいビールでした。

   で、酔っぱらいました。

   で、遅くなりました。   





2011/08/29 Mon. 01:06 | trackback: 0 | comment: 2edit